媚薬メニュー

サイトについて

偽物販売サイト紹介

電子資料


キスと媚薬

好きな人とキスをすると、脳から麻薬のような媚薬が出る!

人間はどうしてキスが好きなのでしょうか?

それは、好きな人とキスをすると男女の体内で化学変化が起きるからだと考えられます。

キスを交わす男女の脳内には、脳内ホルモンのエンドルフィン (endorphin) 、オキシトシン (Oxytocin, OXT, OT) 、デヒドロエピアンドロステン (DHEA)、フェニルエチルアミン(PEA)の4種類の物質が分泌されます。

エンドルフィン (endorphin) は脳内で機能する神経伝達物質のひとつです。脳内の報酬系に多く分布します。内在性鎮痛系にかかわり、また多幸感をもたらすと考えられています。そのため脳内麻薬と呼ばれることもあります。エンドルフィンは鎮痛物質です。

オキシトシンには末梢組織で働くホルモンとしての作用、中枢神経での神経伝達物質としての作用があります。また、オキシトシンは「幸せのホルモン」とか「絆ホルモン」などと呼ばれていて二人を結びつける作用があります。

デヒドロエピアンドロステン(略称 DHEA)とは副腎や性腺で産生される男性ホルモンの一種です。副腎から分泌されて性ホルモン(女性だとエストロゲン)の元になり、性欲が増進するため、オーガズムに大切なものです。

フェネチルアミン (phenethylamine) は、アルカロイドに属すモノアミンです。また、フェニルエチルアミンは覚醒剤のアンフェタミンやメタンフェタミンの近縁物質であり、生体内覚醒剤と言われていて、恋する人は血中濃度が上昇します。

というように、脳内麻薬とも呼ばれる脳内ホルモンがこれだけ放出されるのです。だから、キスは天然のドラッグ、媚薬です。クセになるのも当然です。

天然の媚薬だからクセになり、クセになるから、またキスをしたくなって、キスをすると脳内麻薬が分泌されてと、恋する二人はもっともっとキスしたくなるわけです。

媚薬よりも強力な脳内ホルモンを利用することで、気になる女性の脳=心を支配し、貴方の恋人にすることができます。

好きな人とキスをしてください!天然のホルモン媚薬です。

もちろん、ある女性はセックスの冷感症、性欲低下などの症状があります。その時、女性用媚薬医薬品を使用してください。女性の性機能改善することができます。






新入商品


人気媚薬セット


媚薬ランキング

ランキングボトム

バー